便秘

たかが便秘と侮るのは禁物

 便秘とは、医学的にいうと排便回数が週に2回以下か、便が3日以上出ていない状態のこと。とはいえ、便通が毎日あっても、便が硬くて出にくかったり便の量が少なかったりして自分自身が不快に感じるなら、便秘と考えられるそうです。

 便秘を放置すると、体じゅうに便毒ともいうべき悪性の物質が運ばれ、老けが早まったり高血圧やガンを招いたりする危険もあると考えられています。

自己診断

 特に最近は、腸のねじれが原因の「ねじれ腸便秘」や、肛門手前の直腸に便がたまる「スーパー便秘」が問題になっています。

 2つの便秘には、

(1)食物繊維をとっても治らない

(2)下剤が効かない

 という特徴があるとされます。(1)(2)に加えて、「子供のときから便秘だった」「腹痛を伴う便秘に悩んでいる」人はねじれ腸便秘の疑いがあるといわれます。スーパー便秘は、(1)(2)に加えて、「残便感がある」「いきんでも出ない」という特徴があるそうです。

対処法

bempi
便秘に効く腸マッサージ

 通常の便秘であれば、食物繊維をとったり軽い運動をしたりすることで治ることが多いようですが、ねじれ腸便秘やスーパー便秘は、それだけでは治らず、逆に悪化する人がいます。頑固な便秘で悩んでいる人は、まずは医師の診療を受けるべきでしょう。

 ねじれ腸便秘の場合、自力療法としては、両手で行う「腸ゆらしマッサージ」が有効とされています。また、スーパー便秘については、直立し、イスの背もたれにつかまって行う腰ひねり運動が効果的のようです。

 また、ヨーグルトを塩入りで食べる、排便を有名なロダンの彫刻「考える人」ポースで行うなどの対処法もすすめられています。

(夢21 2012年11月号より)

このテーマが掲載されている雑誌

便秘・便もれ・下痢便[今度こそ]治る!腸とお尻が若返り不安ゼロで外出OK!快便スイッチ1分刺激初公開

夢21 2014年11月号 快便スイッチ1分刺激初公開 (2014年10月02日発売)