ぜんそく・気管支炎・COPD 呼吸器とアレルギーの名医が教える最高の治し方大全(編集:わかさ出版/発売:文響社)

 

2021年10月07日発売  1595円

昔は治らないといわれ、死亡率も高かったぜんそく。吸入ステロイド薬の登場で患者数は減ったものの、依然として100万人以上の患者が治療を受けており、病院で治療を受けていない潜在的な患者も含めると450万人以上ともいわれています。

ぜんそくというと子供の病気というイメージがありますが、実は大人になってから発症するケースも少なくありません。特に高齢者ではCOPD(慢性閉塞性肺疾患)を合併することもあり、死亡率が高くなるので要注意です。

本書では、ぜんそく治療の第一線で活躍する専門医の先生を中心に、ぜんそくの原因や症状、薬物療法などの最新情報をくわしく解説。ぜんそくのコントロールや自己管理、発作時の対応、セキの止め方、たんの上手な出し方、セキを鎮める食べ物、呼吸機能を高める運動などのセルフケアも紹介します。また、COPDについての疑問や呼吸ケアについても網羅。主治医にはなかなか聞けない疑問を、専門医がQ&A形式でわかりやすく回答する、ぜんそく治療のすべてがわかる一冊です。

編集:わかさ出版
発売:文響社

購入方法 ご購入希望の方は以下のボタンからお選びください。

送料とお支払い方法につきましては、各サイトにてご確認ください。
品切れの場合もございます。